最大サイズで平均的な大きさが分かります

ゾウガメ
ゆっくりのんびりと過ごしている姿から、ペットとしてカメを飼っている人は結構います。
ただ、かなり小型な物からゾウガメの様に巨大な物までいるカメの成長速度はあまり知られていません。

では実際にはどれくらいのスピードで成長していくのでしょうか。
成長スピードに関しては、やはり種類によってかなり異なってきます。
小型のタイプであればやはり急に大きくなったとしても人間から見たらそれほど大きくなった感じはしません。

しかし大型のタイプの場合は気が付いたらグングン大きくなっていると感じる事もあるでしょう。
一般的にカメのサイズとして良く知られているのは、その種類の最大サイズです。
平均的な大きさはその8割程度の大きさなので、例えば最大30cmと言われている種類であれば大体24cm程度までは成長するという事になります。

ただ人間にも個性があるようにカメにも個性がある為、その大きさまでかならず大きくなるというわけではなく、平均よりも小さい所でストップしてしまう事は珍しい事ではありません。
反対に平均よりも大きくなる事も結構あります。

成長スピードに関しては、大体平均サイズの3分の2くらいまでは急に大きくなった感じがします。
しかし残りの3分の1の大きさが成長するまでには結構時間が掛かるので最初はすぐに大きくなる感じですが、ある程度の期間が過ぎたらその成長は緩やかになり、いつしか大きさは変わらなくなるのです。

性別によってサイズが違います

カメは種類によってもサイズが違いますが、同じ種類でも性別によってサイズが違ってきます。
その為、早く成長すると思っていたらなかなか大きくならないと感じる事も少なくありません。
とはいえ、やはりある程度大きくなると言われている種類に関してはやはり一定期間でぐっと大きくなっていって、あとは緩やかに大きくなっていくという事は知っておきましょう。

また、一般的に知られているサイズまでは大きくなるので、飼育環境を整備する時はある程度の大きさまでになると思って最初から大き目を用意しておく方が無難です。

いくつもの水槽を買い替える必要がある程は成長していかないし、種類によってもそのスピードは変わって行きますが、近い将来ある程度の大きさになると分かっているなら、最初からその大きさに合わせて住む場所を作ってあげる方がカメも快適に暮らしてのびのびと成長していく事が出来るかもしれません。

だから飼う前にどれくらい生きるか、そしてどれくらい大きくなるかは知っておくのが重要です。

Comments are closed.

Post Navigation