カメは熱中症に弱い動物

夏季のカメにとって、最も注意が必要な病気は熱中症でしょう。
カメはとても熱中症に弱い動物と言われ、暑さで命を落とすカメも珍しくありません。
これはカメが変温動物であることと密接に関係しています。

われわれ人間を含む恒温動物は、周りの温度変化に合わせた体温調節ができます。
暑いと汗をかいて体温を下げたり、寒いと震えて筋肉を動かし熱を作ったりと、体内温度を一定に保つ仕組みが体内に備わっています。
しかし、変温動物であるカメはその機能が備わっておらず、冬は寒いので温度が一定に保たれた地中で、じっと動かず冬眠をして過ごすなどをせざるを得ないのです。

カメが好む適温は25~30℃

カメの種類によっても差があるのですが、ペットとして良く飼われているクサガメ、ミドリガメやイシガメが好み活発に動く温度は一般に25~30℃と言われています。
水槽の水の温度や部屋の温度が上昇した分だけ、カメの体温も上昇するため、体調を維持できなくなってしまうのです。

カメのための熱中症予防対策

夏季は、日光の当たらない日陰で、風通しの良いスペースに水槽を設置します。
どうしても日光が当たってしまう時間がある場合は、中の水に直射日光が当たらぬよう、簾を付けましょう。
同じ部屋でも、日が当たる場所の温度と日陰の温度は思った以上に違いがあるのです。

夏季のカメの飼育上の禁止事項

①日光浴をさせるために水槽を外に放置
これによる事故はカメが熱中症にかかる最も多い原因です。
日光浴も必要ですが長時間にならないよう十分気を付けてあげましょう。

チョットだけのつもりで30分間外に出しだけでも、日光の当たる場所ではあっという間にカメが生命を維持できないほど温度が上がります。
簾などをかけて必ず日陰を作り、カメが日光から隠れることのできる場所を作っておくことが大事です。
また、夏期は曇りの日に、30分程度、水槽を外に出すだけでも十分です。

②締め切った部屋に水槽を置く
エアコンで室温調整をしていない、閉め切った部屋に、水槽を置くこともリスクが高まる要因です。
室温上昇とともに、水槽の中の温度も上昇し、従ってカメの体温も上昇してしまいます。
必ず室内で最も涼しい場所に、風通しのよい条件を作って水槽を設置しなければいけません。
反対に、エアコンの風が強く当たり過ぎる場所も、カメの体調維持には適しませんので避けましょう。

熱中症の症状と対応

食べた食事を戻したり、グッタリ疲れていたり、泡を吹くような症状が見られたら熱中症が疑われます。
カメの熱中症の症状も人間と似ていますので、自分の熱中症管理の意味も含めて確認しておきましょう。

熱中症の兆候に気づいたら、すぐに日の当たらない涼しい場所に移動させ、常温の水をかけて徐々に体温を低下させます。
冷水で一気に冷やすことは避け、常温あるいはぬるま湯を用いてゆっくり冷やします。
重症化している場合は、濡れタオルで包み、クリニックで受診するようにしましょう。

Comments are closed.

Post Navigation