ヒメマゲクビガメ について

ヒメマゲクビガメはオーストラリアの南東部に原種が生息するカメです。

同じマゲクビガメの種類として、近隣に生息するマックォーリーマゲクビガメや、ニシキマゲクビガメといったものがあります。

マゲクビガメそのものは現在特に絶滅が危惧されているというわけではなく、日本国内で流通しているものの最大種であるニシキマゲクビガメは絶滅のリスクは極めて低いペット用のカメとして多くの場所で流通をしています。

現地で生息をする場合には浅い河川や川べりにおり、半水棲として水の中と陸地を行き来しながら集団で生活をします。

ただし非常に警戒心が強いカメでもあり、なかなか人の目に触れるところに出てきてくれるということはないようです。

人工的に繁殖をさせるのは難しいということもあり、成功したという例はかなり少なく学術誌でも大きく取り上げられることになります。

ヒメマゲクビガメ の生態

マゲクビガメという品種自体は飼育はそれほど難しいというわけではありません。

カメ好きの中にはこのヒメマゲクビガメを今も飼育しているという人もおり、丁寧に育ててあげればかなりキレイな形の甲羅を持ったカメになってくれます。

マゲクビガメという品種全体に共通することですが、お腹を上にして持ち上げたときに首が横に曲がったようになるという形が特徴的であり、また見た目をキュートにしている点です。

子ガメの時にも甲羅から頭だけを覗かせて首をかしげるという仕草はよく見られており、その形に一目惚れをしてマゲクビガメを飼いはじめたという人もたくさんいます。

成体になってもそれほど体は大きくならないので、もし飼育をすることができるなら気持ち大きめのケースを用意してそこに岩場や水場を作って入れてあげれば大丈夫です。

しかし半水棲ながらマゲクビガメは水質の汚染に大変敏感で、ちょっと汚れが出てくると皮膚病を発祥してしまったりします。

食生活についてはそれほど気を使わなくても、カメ用の人工餌でも食べてくれるといいます。

Comments are closed.

Post Navigation