カメの天敵とは

カメにとっての天敵は様々です。
天気、気候変動、水質汚濁、色々なことが考えられます。
もちろん人間も天敵の一つでしょう。
特に希少種やペットに即した種類などは人間の乱獲によりその数を激減させています。
水質汚濁も人間が理由です。
生活排水や工場排水に化学物質が含まれたまま河川に垂れ流していた人間はカメの立場から見ると天敵以外の何者でもありません。
では、その一番の天敵である人間以外では一体どのような動物がカメにとって脅威になっているのでしょうか。

カラス

ペットで飼っているカメがカラスに襲われるケースで最も多いのがベランダで飼っていたカメをカラスが狙っていてそのまま連れ去るというケースです。
特にマンションの高層階だと一見外敵がいないように感じますがカラスは良く狙っています。
特にカメの場合は甲羅干しをさせるためにベランダで日光浴をさせていますのでとても狙われやすいです。
野生のカメの場合は甲羅干しのために陸に上がったところを狙われます。ある程度の大きさになると連れ去られることは少ないですが、それでも頭や腕を負傷することがあります。

ワニ

普段の生活でペットのカメがワニに襲われることはありませんが自然の中ではそうはいきません。
カメは硬い甲羅に覆われているからワニが食べることなんて無さそうですがワニの噛む力は凄いのです。
カメの硬い甲羅ごと噛み砕いて食べてしまいます。
ワニに一度捕まえられたらカメの自力での脱出はほぼ不可能です。
自然界ではカメにとってワニは大きな脅威です。

サメ

海の中ではウミガメがサメに食べられる事はとても多いです。ウミガメも泳ぎが得意ですがサメの瞬発力には到底かないません。

ヘビ

ヘビ
ヘビはカメの卵を好んで食べます。
普段カメを飼っている分にはヘビに襲われることはあまりありませんが自然の中ではヘビがカメの卵を食べるのはよくあります。
ヘビがカメ自体を食べる事もあります。
成長したカメを丸呑みすることはあまりありませんが、稚ガメはヘビの大好物です。
陸上で見つかった場合には中々逃げ切ることができません。

ネコ

野良猫もカメにとっては天敵です。
野良猫が直接カメを食べることはありませんが噛み付いたり引っかいたりして怪我をします。
当然ネコが手加減をする事もありませんので最悪の場合は傷が元で死に至ることもあります。
もしペットのカメを外で甲羅干しさせたりする場合には野良猫が入ってこないように監視したり対策をしておく必要があります。

最後に

ここまで、色々なカメの天敵をあげて来ましたがペットで飼っているカメが襲われると本当に悲しい気持ちになります。
そうならないためにも色んなところに天敵がいることを認識して目を離さないようにしたり対策を講じてあげたりしましょう。

Comments are closed.

Post Navigation